雄花と雌花の出会い‼︎

かなり大きくなりました。

節で言うと22〜24節くらい。

交配のタイミングです。

交配とは、雌花(果実になる花)に

雄花の花粉をくつけてあげる作業のこと。

 

ここを通過しないと果実が出来ません。

 

交配させるタイミングには、セオリーがあって

下から10〜12節目の雌花で2、3果つける

と教科書に書いてあります。

青線が親づる。赤丸が雌花

 

交配は晴れた日の午前中に行います。

 

親づるの元につくのが雄花  

 

雄花をプチっと取って

 

雄花をむしって花びらを取ります。

 

花びらを取って柱頭を露出させます。

 

雌花の花びらを取ります。別に取らなくてもいいです。

 

優しく、ささやくように、でもしっかりと…

 

雄花の花粉を雌花に付けてあげますよ。

 

 雌花にちょこちょこ

雌花の中にくつけて、こちょこちょ

優しく、赤ちゃんを触るイメージで 。。。

 

雌花

はい、終了。

交配前に1番上の節を摘んで止めておきます。

雌花の先端も同じように

花の上1枚葉を残して摘んでおきます。

体の成長を止めて

果実の成長に向けてあげる必要があるからです。

 

さて、どうなることやら!?・:*+.\(( °ω° ))/.:+

それではまた次回に。

コメントを残す